TEL

ネットワークカメラにVPN接続をオススメする訳とは

私たちはネットワークカメラの設置をご相談いただいたお客様で、複数拠点感(離れた場所)での映像の通信を行う場合、
可能であれば「VPN接続」を構築して、その通信環境内でネットワークカメラの映像を送るようにご提案しています。
一見、面倒そうですが「VPN接続」をオススメする訳についてご説明します。

VPNをオススメする訳

画像:

ネットワークカメラはネットワーク機器を介して、時にはインターネットを経由して映像データを転送します。その為、常にネットワーク上で漏えいや紛失、妨害などの危険にも晒されている一面があります。法人の機密データや個人のプライバシーを含む映像データは、転送する際にセキュリティに配慮したシステム環境で送信されるように設計することが必要なのです。
そこで、我々がお薦めしているのが「VPN」での接続環境を構築する方法です。
元々、法人の拠点間で機密データをやり取りする接続方法として用いられてきた「VPN(Virtual Private Network)を使うことで、カメラと閲覧側の機器とを仮想の「専用線」で繋ぐことができ、そこで暗号化された映像データは、他者に見られたり盗られたりする危険性から守られます。

せっかく、防犯や監視、または大切なデータとしての映像を得る手段として最適なネットワークカメラのデータをより安全に取得・保管・活用するためにも、ぜひ「VPN」のご利用をお薦めいたします。

※本サイトで紹介している事例は弊社及び弊社の協力会社が携わった案件を基にご案内致しております。画像・映像は実際の案件のものとは異なります。

お電話でのお問い合わせ

03-5297-1121

10:00〜19:00  日曜・祝日定休

SAGASカメラ

カメラ位置
設置相談